2020年01月10日

2019年12月30日

2019年12月29日

2019年12月28日

2019年12月18日

第九を聴いての追伸

「 九 」が好きです。
9日生まれのせいもあり愛着のある数字です。
思い返しても19から20歳、29から30歳…and more
9のつく年は大台に乗る前の特別な年でした。

「きゅう、く、ここの つ。」
第九が「九」じゃなかったら、ここまで広く親しまれなかったのでは?
もし第一だったら、ラジオ体操第一のイメージだし
もし第三だったら、ビールのCMが聞こえそうだし
もし第四だったら、ライオンと聞き間違えそうだし、、、
やはりダ・イ・クという響きが毎年聴きたくさせるような気がします。

2019年も残りわずか。
9がつく今年は1つ1つを、2度とない今日を、心に刻んだ年でした♡
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2019年12月15日

黒岩指揮・第九へ

第九 281×266.jpg毎年聴いている第九ですが 今回の黒岩英臣先生指揮での演奏が今までで一番好きでした。間の取り方、緩急…など魅了されました♡
合唱も二階席まで歌詞が
まるで3Dのように    飛び込んできました。
指揮者によってこんなにも 違うんですね。
ブラボォォォー!!
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2019年11月21日

2019年10月18日

2019年10月13日

2019年09月24日

2019年09月20日

2019年09月16日

虹.jpg
   
    
   帰り道
   見上げれば
   虹が出ていて
   なんだか嬉しく
   なりました。
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2019年09月09日

2019年08月31日

人は自分の人生しか生きれない

まいにち思うこと。
本当に人は自分の人生しか生きれないということ。

自分にはないものを持っている人に出会ったり、
ステキな人、スゴイ人を見るたび、
同じ時代を生きる一人の人間として、感動します。

そして
そんな人たちの素晴らしい世界を垣間見て、
自分の世界に戻ってきた時、
嗚呼、、、、(しばし落胆)と、思ったりもします。

誰かと比べて自分はちっぽけだと卑屈になるのも人生、
羨んだり嫉妬することに自分の時間を費やすのも人生、
自分の時間をなにもしないで傍観するのも人生、、、
ですが、
人は自分の人生しか生きることができない。
憧れのあの人の人生を生きることはできない。
ならば、この自分でやっていくしかない。
自分の中にあるであろうタカラを探したり
掘り起こしたり、磨いたりして!
ああ、この人生楽しかったな〜と、終えられるように♡
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL

2019年08月30日

2019年08月29日

2019年08月04日

2019年08月01日

2019年07月21日

❝ 貯筋 ❞という ことば

年を重ねるのが大変なのじゃなく体を維持するのが大変なのだ。

人生の後半戦で必要なのは ❝ 貯筋 ❞ と
最近よく見聞きします。

思うに、年齢を重ねること、数字が増えていくことは
誕生日を迎えれば自動的にそうなるわけで
私だけ今年は遠慮しますなんてできないわけで
そう、それ自体は有り難いことなんですよね。
また一年、この世でいろいろな体験をさせてもらえる、の、だから。
結局、そのいろいろ ――
あそこに行ってみたい、あれをやってみたい ―― を
叶えるためのカラダを
キープすることが大変なんですよね。

まだやりたいことがある。
日々、加齢にともなう変化を受けとめつつ
自分の思いを運んでくれるカラダにありがとうと言いながら
貯筋に取り組んでいます。コツコツと。
ア〜ンド貯金も♡
posted by seiko at 00:00| SEIKO的、暮らしCAL